副業が会社にバレたらどうしよう、押さえておきたい3つのポイント

 

副業もいいけど、会社にバレたらどうなるのでしょうか、事例をもとにいかに取組むべきなのか、ここで考えてみましょう。

 

就業規則をまず確認

ところで、会社の「就業規則」を読んでみたことがありますか、たぶんありませんね。一般社員であれば就業規則などあまりかかわることはないはずです。しかしあなたの会社では副業について、どのように規定されているのか必ず確認をしておいてください。ちなみに公務員は国家公務員法、地方公務員法によって副業は禁止されています(例外も認められてはいますが)この就業規則によって副業が禁止されていたら社員である以上規則には従う義務が生じます、だからもし副業がバレた場合何らかの処分を受けても文句は言えない、こんな見方もできるわけです。

 

就業規則の拘束力について

日本国憲法上には「職業選択の自由」があります、また労働関係の法律では副業に関する規定はありません。つまり法律上においては民間企業の会社員が副業をしても問題はなく、就業規則で副業を禁止したところ拘束力はないのでは、との見方もできるわけです。副業が本業に与えた影響、この件につきましては裁判においても判断が分かれるようです、やはり専門家に聞くのがベストですね。会社に無断で副業を行ったことを理由に解雇処分を不当とした判例がある一方で、それを妥当とした判例もあるくらいです。ただし「副業がどれだけ本業に影響を与えたのか」これについては一つの大きな基準となるので注意が必要です。

 

本業に支障が出ない程度であれば妥当とする見方

たとえば・・・

本業中に副業を行った

本業の会社の持つ情報や備品を副業に利用した

副業により本業の機密事項が漏えいした

副業による疲労のため本業の業務効率が低下した

このように本業に支障が生じたり迷惑をかけない範囲であるならば副業は認められる、こうも言えそうです。まあ実際はこの解釈が主流派ではないでしょうか、しかしこればかりはなんとも言えません。

 

だからあなたの会社の就業規則では、副業が禁止であるとされていたら

あきらめる

会社に許可を求めてみる

バレないようにこっそりやる(!)

選択肢はまだあるかもしれません、でもこの先はあなた自身で判断してください。ただこれだけは言っておきます「本業は、おろそかにしてはいけません」

 

おまけ、副業が会社にバレる意外な理由

意外な理由、いったい何だと思いますか、「自分でしゃべってしまう」のです。間抜けな話ですね、しかし他人事ではありません。だいたい飲み屋で起こります、いつものように各自一通り上司や会社への文句を並べ終ると「じつはここだけの話、俺、副業やってんだ」とおもむろに口を開くわけです、うまくいき始めるとやっぱり自慢したくなるわけですね、たぶんあなたもそうではありませんか。しかし複雑怪奇なサラリーマン社会、「ここだけの話」がここだけで終るわけがありません。足の引っ張り合いだって娯楽の一つなのですから、「ここだけの話だけどさぁ、あいつ副業やっててなぁ」そして回りまわってお偉いさんの耳に入るころには話も無責任にふくれあがっているわけです。「こっそりやるなら、誰にも言うな」なんといってもこれが鉄則ですね。

 

関連ページ

節約をやめて稼ぐ努力を
「毎月あと5万円必要だ」、節約とガマンですか?こんな時、副業という選択肢を加えてみませんか。
目標設定と実践における3つのアドバイス
すぐにあきらめないためにも。