副業という選択肢があるんです

本業の給料の枠内で「満足」な生活ができれば、こんな幸せなことはありません。この場合の満足とは決して収入の大小とは限りません。しかし上がる見込みのない給料に希望が持てず、節約とガマンを繰り返し、ストレスや時に借金まで抱え込む、このように「妥協」しながら生きている方が多数派ではないでしょうか。毎月せめてあと5万円あれば、だれでもこう思っているはずです。しかし、そんな時会社の給料に期待ができますか、毎月5万円の昇給などたぶんありえませんね。「社畜のエサも、ワンコイン」これでは侘しすぎます。だからここで「副業」に目を向けてください、こんな手段だってあるのです、時代は変わりました、気楽に自宅で始めれれるものだってたくさんあるのです。「だったら俺もやってみよう!」そんな選択肢を、ぜひ加えていただきたいのです。

 

自分の能力を試してみよう、収入源を一つ増やすことにより生まれるゆとり

まず「給料の範囲内で生活しなくてはいけない」、そんな縛りを捨てましょう。給料以外の収入源をひとつでも増やすことが出来たらどうですか、わずかでも生れたゆとりは、この先の可能性すら感じさせてくれるものです。そしていざ副業を始めてみると、本業とは違う経験も積めるものです、自分の本当の得意分野や隠されていた才能を見つけるいいヒントにもなるはずです。給料以外で収入を得る、この体験は大きな自信となりあなたの「稼ぐ力」を磨いてくれます。自分自身の手で収入を作り出すスキル、このスキルを一つでも身に付けることが出来さえすれば、大きな「財産」ともなるはずです。自分の能力をぜひ試してみましょう、お金になったときの喜び、それは何ともいえないものですよ。なんといってっも副業であなたを評価するのは世間、「お客様」なのですから。

 

まずはネットビジネスで

いざ副業となれば決定的なリスクもなくローコスト、簡単に始められるネットビジネスから始めてみるのがベストです。パソコンさえあれば自宅に事務所を作り上げることが出来るわけですから。しかし、いったいなにから始めればよいのでしょうか。本講座では「ひとりビジネス」として、アフィリエイト・オークション・ネットショップ・メルマガなどいろいろなビジネススタイルを実践編にて解説していこうかと思っています。誰でも簡単に始められることがネットビジネスの特徴です、でも誰でも簡単にやめてしまうのもネットビジネスなんです。雇われれば収入は保証されても「ひとりビジネス」ではそうはいきません、売れなければ当然収入はゼロです。そしてこんな時、時給換算をしてしまうんですね、こんなにかんばって時給0円かよ、だったら確実に950円もらえるアルバイトの方が確実じゃないか。こういった発想ではビジネスは成り立ちません。

 

結局ものをいうのはプロ意識、雇われ人根性では通用しません

すぐにあきらめてしまう人、この人たちにはほかにも多くの共通点も見られます、このあたりもあらためて詳しく解説します。とにかくたとえ副業でも、たった一人で世間を相手にビジネスをしかけるのです、本業並みの「プロ意識」を持ちましょう、自分に染みついた雇われ人根性を見直すいい機会にもなります。ひとりビジネスを思い立ったあなたは「経営者」なんです、お互い成功させようじゃありませんか!

関連ページ

副業が会社にバレたらどうしよう
就業規則、読んだことがありますか?
目標設定と実践における3つのアドバイス
すぐにあきらめないためにも。