確定申告とは・・・

そもそも確定申告とはいったいどのような制度なのでしょうか、国税庁ホームページにはこのように説明されています。

 

毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。(国税庁ホームページより引用)

確定申告とは会社や個人が1年間でこれだけの儲けが出たので、今年の税金はこれだけ納めます、という所得と税額を税務署に申し出て適正に税金を納めるための制度のことですね。しかし、もしあなたがサラリーマンであれば確定申告の必要はありません。必要がない、というのはもちろん「納税が不要」という意味ではありません、会社があなたの給料から天引きして代わりに納めてくれるからです。

 

ちなみに、たとえば昨年あなたはいったい、いくらの所得税を納めたのかご存知ですか?たぶんびっくりするくらいの額だと思いますよ。僕の経験ではこういった話をすると「でもオレいつこんなに引かれたんすか」などととぼけたことを言う奴が必ずいました、あなたは大丈夫ですか。念のため簡単に説明しておきましょう。

 

年末調整の仕組み

所得税はその年の1月1日から12月31日までに生じた所得に対して課せられるものです、だから12月度の給料が確定しなければあなたが納める税額は計算できません。だから会社はあなたの年収を予想しておおまかな所得税額を試算します、そして毎月の給料から差っ引きながら1年間かけて積み立てているのです、まあこんなイメージをしてください。これを「源泉徴収」といいます、また差っ引くことを「天引き」といいますね。この時の税額は多少多めに試算されています。

 

だからもしあなたが年間で20万円天引きされ、正確な納税額が16万円であれば、余計に天引きされていた4万円があなたのもとに返されるわけです。この場合、返されることを「還付」されるといいます、これが「年末調整」のしくみです

 

僕がサラリーマンの頃はこの仕事の処理も終わり、各社員の口座に還付金の振り込みが行われるのはだいたいクリスマスの頃でした。ここで得られる3〜4万円がちょっとしたお小遣い気分で、妙にうれしかったことが今でも忘れられません。そしてこのとき必ず「現金でもらえないか」とか「給料とは別口座に入れてくれよ」などワガママなことを言ってくる奴が現れます。またこういった連中に限って年末調整の資料(生命保険料の控除証明書なんかを添えるやつですね)の提出が遅かったり記入がデタラメだったりするわけです。あなたの会社にもいませんか。