平成28年度確定申告について・・・

国税庁のホームページを見ると平成28年分「確定申告特集」に重要なお知らせとして以下の案内がありました。

 

確定申告にあたっての重要なお知らせ
社会保障・税番号(マイナンバー)制度の導入により、平成28年分以降の確定申告書等の提出の際には、「マイナンバーの記載」+「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要です。(国税庁ホームページより引用)

 

まずここを抑えておきましょう、
ポイントとしては個人番号(マイナンバー)を必要とする書類を税務署に提出するときには「本人確認」が必要となることですね。
そのため本人確認書類が必要となるのですが

  • マイナンバーカードがあればこれ1枚で本人確認(番号確認と身元確認)が可能です
  • マイナンバーカードを持っていない場合「マイナンバーの記載」+「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となります
  • この場合「マイナンバーの記載」とは番号確認書類のことであり、通知カードやマイナンバーのある通知票の写しまたは住民票記載事項証明書、「本人確認書類の提示又は写しの添付」とは身元確認書類を指し、運転免許証やパスポート、公的医療保険の被保険者証、身体障碍者手帳、在留カードなどのことです
  • なおマイナンバーカードにつきましては、各市町村へ交付申請すれば作成していただけます、何かと便利というか持っていても損はないようです。この際作ってもらうのもいいかもしれませんね(作成方法はこちらを参考にしてください)
番号確認書類 身元確認書類

ご本人のマイナンバーを確認できる書類

  • 通知カード
  • マイナンバーの記載がある住民票の写し、または住民票記載事項証明書

などのうちいずれか1つ

記載したマイナンバーの持ち主であることを確認できる書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的医療保険の被保険者証
  • 身体障碍者手帳
  • 在留カード

などのうちいずれか1つ

 

なおe−taxを利用すれば書類の提出は不要です