サラリーマンは恵まれています、再度ここで確認しておきましょう、またサラリーマンでいられる今こそが、将来必要となるビジネスセンスを磨く絶好のチャンスであることも忘れずに!

 

安定した収入ほど大きな安心もありません

たとえばあなたが風邪でもひいて体調を崩し2〜3日休んだところ、会社は別に困るわけでもありません。作業についても誰かがフォローをしてくれます、あなたは有給休暇を利用して治療に専念すればいいのです。そして毎月給料日になれば、よっぽどのことでもない限り給料が振り込まれてきます、安定した収入ほど大きな安心もありません、通勤手当・家族手当・住宅手当、いくつの手当てが支給されているのかご存知ですか。雇用保険や社会保険もそうですね、それから税金も全部計算してくれ納税まで代行してもらうのです、なんで年末調整でお金が戻ってくるのか知っていますか?しかし自営業者にはこんな「特権」はありません、退職して一人になり確定申告などしてみると、”しみじみ”とするものです。一度給料明細にゆっくり目を通してみるのもいいかもしれません、いろいろな項目があますね、全部の数字を説明できますか?たしかにサラリーマンは「一生安泰である」などという保証もありません、奴隷のような毎日を強いられている方も多いのでしょう、でも見方を変えれば「ローリスクハイリターンな人生」でもあるわけです。だからサラリーマン人生が充実している方は本当に幸せだと思います、もっともそんな人はあまり見たことがありませんが。

 

サラリーマンの社会的信用は絶大です

ある大金持ちの俳優が住宅ローンを申込みましたが審査に通らず融資を断られてしまい結局12回分割で支払ったそうです。どこまで信用できる話なのかはわかりません、でも年収300万円のサラリーマンが住宅ローンを組むことができても驚いたりはしませんね。クレジットカードを例に見てみましょう、普通のサラリーマンだったら何の問題もなく作ってもらえるはずです、でも相手が「せどり」で稼ぐアウトローだったらどうでしょう、こんな奴を信販会社が信用するでしょうか。サラリーマンの社会的な信用は、絶大なのです。サラリーマンに対する与信枠が広いのは国が国民に対しサラリーマンになることを推奨しているからだ、こんなことを言う人がいました、なんででしょうか。たとえば住民税、これ給料から天引きされて各市町村へ納付されることは知っていました?だから納付書(請求書)は本人ではなく勤務先へ送られてくるわけです、要するに相手がサラリーマンの場合収入はガラス張り、国からしてみれば税金の「とりっぱぐれ」がないわけなんです。だからサラリーマンを優遇させるよう働きかけがあるのだそうです、わかるような気もしませんか。

 

「タダ」で身につく専門知識と実務経験

いろいろとサラリーマンの受けている恩恵についてお話しましたが、やっぱり一番のありがたさ、それは日常の実務経験から専門的な知識やノウハウを身に付けることが出来ることでしょう、しかも「タダ」なのです、見方によってはお金(給料)までもらえるのです、こんなありがたいことはありません。パソコンや車、高価な機材やツールなど「プロ」の使う道具がそろっており基本的にはタダで使い放題ではありませんか、これを利用しない手はありません。僕はパソコンの操作方法は会社で身に付けました、長年管理部門にいたので損益計算や資産管理についても同じです。なにせ飛び込みセールスからスタートし、30年以上サラリーマン生活に浸かっていたので大概のことは経験しています、今思い出してもヒヤリとするあぶない橋もずいぶん渡りました。奇妙な人間たちとも係わりましたし、降格をくらい笑い者にもなりました。常識や礼儀も含め社会人生活において身に付けたものは計り知れません。サラリーマン生活には将来の独立や副業に必要となる知識や経験に満ち溢れています、そんな今を利用してぜひセンスを磨いておきましょう。そして、ぜひ今までの社畜人生で身に付けた自身のスキルについて見直しをしてください、「そんなものありません」、いいえそんなことはありません、誰でもひとつや二つあるはずです、評価は人が下すもの、自信を持ちましょう。では会社で磨いておきたいセンスとな何なのか、次に詳しく取り上げてみようかと思います。

関連ページ

いま会社で磨いておきたい7つのセンス
「タダ」で身に付けることだってできるのです。
会社だって必死なのですが
サラリーマンほど恵まれた身分はありません、何よりもその気になれば将来の独立に役立つセンス、これを「タダ」で身に付けることだってできるのです。